本文へスキップ
いきいきライフをサポートする
岐阜県キャンプ協会

活動報告activity report

2014年5月17日、18日 岐阜県キャンプ協会会員交流会


 平成26年5がつ17日午後2時快晴の中、大垣市野外活動センターにて、交流会が開催された。
 本交流会及び会員研修会は、過去3年間大垣市野外活動センターにて開催されていたが、いずれも雨にたたられ、大変な思いをした会場です。こんな曰くつきの?会場であるにもかかわらず初めて快晴の中行われた為、過去にも参加していただいた参加者からは、感動の言葉がたくさん聞かれた。
 第1日目最初のテント設営は、板津D1・市橋D1指導の下、行われた。
 参加者の多くもキャンプ協会のドーム型テントに興味を持っていただき、「私これから本格的にキャンプ始めようと思っているんだけど、ファミリーキャンプだと、どんなテントがいいですか?」といった質問が出たり、「協会にはどんなテントがありますか?貸し出しはしてもらえますか?」といった積極的な質問が多く出されたりした。
 参加者らもテントの構造などを考えながらスムーズにテントが張れた。
 池田温泉での入浴を済ませ、いよいよメインの交流会の開催となりました。改め鹿嶋会長の挨拶から始まり、山田CIの司会の下、進行していった。
 ローストポークは、板津・市橋により調理しておいたものを食していただき、その他のメニューについては参加者全員で調理し、おいしくいただきました。
 鹿嶋会長の歌などで、参加者が歌って踊って、会が佳境に入ってきたころ、参加者のピアノ・アコーディオン・ギターでまたまた大盛り上がりの交流会であった。
 平成26年5月18日午前5時30分スタッフの目覚めとともに、交流会2日目が始まった。
昨日の大フィーバーがたたったのか少々元気のない参加者をスタッフの「おはようございます!」の挨拶で元気づけ、気持ちよく朝食を食べていただきました。
 2日目はスローフード・スローライフということで、ゆっくり朝食を終え参加者協力の下テントの撤収、片づけを行い総会へとなだれ込んだ。                          ( 文: 板津 均 )


まずは寝床つくりから。久々の晴れです!


なかなか栓が開きません・・・


シャンパンで乾杯し、交流会の始まりです。


アコーディオンとギターでキャンプファイアーも大盛り上がり。


歌やダンスで自己紹介。色々なレクレーションを鹿嶋会長から教えて頂きました。


二日目は晴天の中で総会です。